★最安値公式サイトはこちら!★


 

このページでは、ロスミンローヤルと白髪の関係に絞って、白髪が増える恐れがある成分や、ロスミンローヤルを飲んで本当に白髪が増えるのか?と言う事についてご紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ここ近年、幅広い世代の女性が美白サプリメントに注目しています。

シミ・シワの予防や改善、そばかす対策など美白サプリメントを愛飲する理由は様々です。

 

ロスミンローヤルも、シミやそばかすに効果を発揮するとして人気を集めている医薬品のひとつです。

 

ロスミンローヤルには9種類の生薬成分が配合されています。

これらの生薬成分には血行改善や新陳代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

さらに、生薬由来の成分が女性特有の不調である冷え性や肩こり、腰痛などの症状を緩和してくれます。

 

しかし、その一方で副作用などの危険性が心配だという人もいるでしょう。

 

副作用が懸念される理由として、ロスミンローヤルが医薬品に分類されていることが考えられます。

医薬品と聞くと”薬”というイメージを抱いている人が多く、自己判断で服用して良いのか不安になってしまう人が多いのかもしれません。

 

ロスミンローヤルに危険な成分は配合されていませんが、体質や体調によっては不調が起こる可能性があります。

詳しい内容は危険?ロスミンローヤル成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?で解説していますので、心配な人は一読ください。

 

そんなロスミンローヤルですが今回は、ロスミンローヤルを飲むと白髪が増えるという気になる噂を発見したので、その真相について解明していきたいと思います。

 

ロスミンローヤルを飲むと白髪が増えるって本当?

ロスミンローヤルはシミやそばかすに効果が期待できる第三類医薬品です。
第三類医薬品は医薬品の中でも比較的副作用のリスクが低いと言われており、薬剤師の説明を受けずとも購入することができます。

 

そんな第三類医薬品に分類されているロスミンローヤルですが、最近「ロスミンローヤルを飲むようになって白髪が増えた」という噂が飛び交っているようです。

 

そこで、ロスミンローヤルと白髪の関係について詳しく調べてみました。

 

「L-システイン」が白髪と関係している?

実際にロスミンローヤルを服用して白髪が増えたのであれば、ロスミンローヤルに含まれている成分が原因であると考えられます。

 

そこでロスミンローヤルに含まれている成分を調べてみたところ、「L-システイン」という成分が配合されていることが分かりました。

 

L-システインは主に下記のような効果が期待できる成分です。

 

 

・色素沈着やシミ・ソバカスを薄くする

・色素沈着・シミ・そばかすを促進するメラニン色素の生成を抑制する

・肌のターンオーバーを促し、メラニンを体外に排出する

・ニキビのできにくい綺麗な肌を維持する

 

 

そもそも、人間の髪の毛はメラニン色素という黒褐色の色素細胞によって染色されています。

L-システインにメラニンの生成を抑える効果があるということは、ロスミンローヤルに含まれているL-システインの副作用で白髪が増えると考えることもできます。

 

しかし、ロスミンローヤルに限らず、シミやそばかすに特化した医薬品には必ずと言っていいほど「L-システイン」が配合されています。

さらに、L-システインが白髪を増やす原因になるといった調査報告は提出されていません。

 

メラニン色素はなくてはならない成分でもある

メラニン色素はシミやそばかすにとっては大敵ですが、人間の体には必要不可欠な成分です。

 

というのも、先ほども述べたようにメラニン色素は髪の毛の染色を行う重要な役割を担っている成分です。

さらに、細胞組織が直接紫外線を浴びないように肌の表皮でバリアを形成してくれるのも実はメラニンなのです。

 

つまり、シミやそばかすを防ぐためにはメラニン色素の”抑制”が必要であり、白髪を増やさないためにはメラニンが必要だということになります。

 

L-システインをより詳しく調べてみた

肌と白髪の観点から「L-システイン」についてより詳しく調べてみたところ、アメリカでL-システインの研究結果が報告されていることが分かりました。

 

アメリカの研究結果によると、『毛染めの力がなくなるほどのメラニンを抑制するには、1日500㎎程度のL-システインの摂取が必要』とのことでした。

 

つまり、分かりやすく言い換えると『L-システインの摂取量が1日500㎎以下であれば、白髪が増える要因とはならない』ということになります。

 

ロスミンローヤルに含まれている1日分の含有量は?

  • ロスミンローヤルに配合されているL-システインの含有量は、1日分で160㎎です。

 

用法用量を守ってさえいれば、L-システインの摂取量が500mgを超えることはあり得ません。

このことから、ロスミンローヤルを服用しても白髪が増える可能性はないと言えます。

ただし、用法用量を守らずに1日の摂取量の3倍以上を服用してしまうと、メラニン色素の生成が過度に抑制されてしまう危険性があります。

 

ロスミンローヤルはあくまでも医薬品ですので、用法用量を必ず守り、過度な摂取は避けてください。

 

ロスミンローヤルを飲み始める年齢が関係している?

ロスミンローヤルの愛飲者の多くは、シミやそばかす、小ジワなどの肌トラブルの悩みを抱えています。

そして、アンチエイジングが気になり始める年齢は30代~40代が最も多いと言われています。

 

ここで考えて欲しいのが白髪が増え始める年齢です。

白髪は加齢によるメラニン色素の生成の衰えにより増えていきますので、30代を過ぎた頃から気になり始める人が多いです。

 

このことから、肌トラブルと白髪が気になり始めるタイミングはほとんど同じだということが分かります。

 

つまり、ロスミンローヤルを服用して白髪が増えたのは、白髪が増え始めたタイミングとロスミンローヤルを服用し始めたタイミングが同じであったことが原因だと考えられます。

 

ロスミンローヤルには有効成分が豊富に含まれている

ロスミンローヤルには9種類の生薬が配合されており、肌トラブルだけでなく冷え性やむくみなどの女性特有の不調にも効果が期待できます。

 

実際にロスミンローヤルを愛飲している人の口コミや感想を見てみると、

 

・冷え性が改善した
・肌のくすみが気にならなくなった
・唇の色が明るくなった
・肌荒れしなくなった

 

というような高評価のコメントが多く見受けられました。

 

また、頭皮への効果も例外ではありません。

ロスミンローヤルに配合されている生薬成分が頭皮の血行を促すことで、髪の毛に必要な栄養素が行きわたりやすくなります。

その結果、抜け毛や薄毛、白髪などのトラブルにも効果が期待できると考えられます。

 

まとめ

ロスミンローヤルと白髪の因果関係はほとんどなく、適量を守って摂取すれば白髪が増える可能性はありません。

逆にロスミンローヤルを服用して体内の血行が改善されることで、頭皮や髪の毛に必要な栄養が届きやすくなることが分かりました。

 

これで「ロスミンローヤルを服用して白髪が増えたらどうしよう・・・」と思っていた人も安心して服用することができますね。

 

肌表面のトラブルだけでなく、体の内側から健康な体を作っていきましょう。



ロスミンローヤル最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★